森戸海岸ズンドコ節

夏も終わりになってくると、なんか夏が懐かしくなります。ちょっと思い出して夏の海水浴場のことを書いてみました。

アジィ〜!とショージ君のようになってしまうように、今年も暑かったですね。どうしたものか、9月の声を聞いて時々肌寒い日があっても、アブラゼミもないてますし、突然でかいバッタが出たりと、季節のアンバランスさが目立ちます。季節感ゼロの横須賀線では、相変わらずの死ねといわんばかりの殺人冷房攻撃で、早くも鎌倉あたりで腹痛になる人や青白い顔で冷房病になる人など。まだ夏なのでしょうか。

今年も海には大勢の人が来ました。出勤のために逗子駅に行くと、海水浴客が改札から吐き出されていきます。あれを見ると私の頭の中ではドリフの「ズンドコ節」が流れてきます。突然茶髪になった高校生やらOLなんかが大きなかばんを持って「ズズズズズンドコ、ズズズズズンドコ♪」とでていくのを見るとなんかおかしい。私の感性は異常かもしれません。

思えば海にくる人っていくつかに類型できますね。

1)焼き焼き団
私や、そこのあなたも記憶があるように、すでに昭和の昔から「一年中マックロケ(by Fine)」といってニッと笑う女の子はも海辺において一定のニーズがあることは総務省の調査でも明らかです。葉山でも砂浜で一番多いのがこの人たちでしょう。この人たちの発生はクラゲ同様年々早くなっており、最近ではすでに5月くらいから出てきているようです。特長はなんていっても「朝から海にいくこと!」。朝から夕方までいるのです。目的はとにかく焼くことにあるので、骨の髄まで焼きまくれといわんばかりに海辺で寝まくっています。効果的に焼くためには、アルミフォイルの上で寝ている人たちもちらほら。(あれを見ると親切心で背中にバターやしめじもおいてやろうかと思います)カップルが多いのですが、昔から不思議なのは、この方たち無口なのですね。カップルで無口で焼いている。あんまり楽しくないのではと思うのですが・・・。

#でも、この辺の人のことをだれも笑えないのは、みなだれもが一度はメンソレを体に塗って焼いたり、ビールで髪を洗って脱色という荒行をこなしてきたからです。ほら〜、あなたも、おやあなたも?これを永遠不滅の青春の1ぺえじといいます。

2)雀な人々
会社ぐるみで海水浴にくる人というのもわりとあるようですね。ご存知のように会社員は4人集まると車座になる「ジャンの法則」があります。で、仕事も人生もギャンブラーのエンドー部長(46歳 仮名)にはどこでも必ずパイを持ち込むササキ係長(38歳 仮名)というのがついているわけで、いやいやついてきたクボタくん(25歳 仮名 カモ候補)やヨシイ君(24歳 仮名)ともども砂浜で彼らは延々パイを握ります。考えれば、海の家にはラーメン・チャーハン・サワーと雀荘にあるものはすべてあるわけでアウトドア・ジャンというのもなかなかイイジャン(寒い)となるのでしょう。でも休日を台無しにされて、おきて破り攻撃に出たクボタくんの予想外の反撃により負けが込んできたエンドーさん、ササキさんは共に背中と肩が、ゆでたズワイガニのように赤くなります。何回かが終わり、冷静に背中が痛いことに気づくと海に飛び込むわけですが、すでにサワーを3本飲んでいる居酒屋帰り状態なわけで、かなりの確率で沖合いで「ぼくドザエモン」とあいなります。
#ほんと、エンドーさんもササキさんも葉山の水深は特に急に深くなってますから気をつけましょうね。


3)体以外のものを焼くバーベキュー野郎
「今週末、バーベキューしない?」「おお、いいねえ!」「いくいくケイコもいく(宮田家具店誰もしらん?)」という感じで、愉快な仲間たち(笑)はズンドコ節に乗って東京・埼玉などから4WDで隊列を組んでくるのが一般的です。砂浜に突如キャラバン隊のように大量の荷物を持って登場し、砂浜で海とは逆の石垣のあたりにタープを張り基地を設営します。作るのは焼肉や焼きそばなのにかならず冷えたワインを用意しているのも特長です。でもねえ、これはじつは結構つらいんです。なんたって、砂浜はそれだけで暑いということを企画段階では忘れてしまうんですね。でも暑い中、くべろ燃えろよペチカ〜!てな感じで火をくべるわけです。灼熱の砂浜に燃える鉄板。うなる焼きそば、はぜるイカ、こげるキャベツ!あついっす。私も実はやったことがありますが、これはつらい。終わって撤去(これがキツイ)まで含めると、1-2kgほど体重が落ちているときすらあります。

以前茅ヶ崎の友人宅でやったときは、マリネとか、冷たいメニューをたくさんアイスボックスに入れて持ってきました。べつに暑いところで火を焚かなくてもいいわけで、けっこう気分よかったです。こういうほうがいいかもね。

#ま、どうでもいいけど、海は汚さないでくださいね。

だいたい海の近くに住んでいると、いわゆる海水浴にはあまり行かなくなったりします。うちには子供がいるので時には日中に行きますが、それも12-2時は避けて、せいぜい2時間くらいで帰ったりしています。日焼けは痛いしね。

私以外でも昼間の海は暑いし混んでいるので、朝や夕方に行くという方が多いですね。その時間だと、静かに散歩したりするお年よりや犬を連れている(ふんするなよ)人、ぱぱっと名島あたりまで泳いだりする方もちらほらです。夕方は夕方で、夜遅くまでやってるいくつかの怪しげなお店(笑)でビール飲んでいたりする人が多いですようで。

でもズンドコ節もフェードアウトしてくるとそろそろ海も静かに、元通りになっていくわけで、夏も終わりってのも強く意識する、今日この頃だったりします。